沖縄で人気のダイビングスポット

沖縄ダイビングの真の楽しみ方

沖縄ダイビングの真の楽しみ方沖縄県は日本の中でも最南部に位置する県であり、本州の日本文化とはまた一味違った異国情緒あふれる独特の魅力を持った地域として多くの観光客やレジャー客が毎年沖縄県の観光スポットやレジャースポットを訪れ、観光やレジャーを楽しんでいます。

沖縄県では県内各所にそれぞれの沖縄県ならではの観光スポットやレジャースポットを有しており、南国沖縄の情緒豊かな景色や風景を楽しむ人も多いほか、沖縄県でしか楽しむ事が出来ない沖縄レジャーを満喫する人も少なくありません。

沖縄県でしか楽しむ事が出来ない沖縄ならではのレジャースポーツとしては、沖縄県の美しく青い海でダイビングを楽しむ沖縄ダイビングがあります。

沖縄県のダイビングスポットでの沖縄ダイビングは、沖縄の温暖で暖かい気候と気温がダイビングに最適として日本全国はもとより、世界各国からダイビングファンやレジャースポーツファンの人達が沖縄県のダイビングスポットを訪れて沖縄県でのダイビングを楽しんでいます。

沖縄ダイビングでは各種の楽しみ方がそれぞれのダイビングファンの人達によって行われており、沖縄ダイビングではダイバー一人ひとりの人達がそれぞれの楽しみ方を満喫しています。

沖縄ダイビングで真の楽しみ方としては、やはり沖縄ならではの熱帯魚をダイビングの中で観察するフィッシュウォッチングが人気が高く、ダイビングファンやレジャースポーツファン、そして観光客の人達に人気のコンテンツとなっています。

沖縄のダイビングはこちらへ

PADIのCカードは最初に取得すべきダイビングライセンス

PADIは、様々な種類のあるダイビングライセンスです。

そして大きく、ダイバー・レベル・コース、プロフェッショナル・コース、テクニカル・コースの3つに分類する事が可能です。

その中でも、ダイビング初心者にオススメしたいのが、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースです。

PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースでは、ダイビングを安全に楽しむ為に必要なスキルや知識を身につける事が出来ます。 また、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースを修了すると、ダイバーとしての必要なスキルや知識を身につけた証として、Cカードと呼ばれるカードが発行されます。 Cカードを取得するまでにかかる時間は個人差がありますが、海洋ダイブ、プールダイブの実技講習に最低でも3日間、中でもプールダイブには、7時間から8時間はかけるべきと言われています。

さらに、知識を身につける為の学科講習も欠かせません。 その為、そう簡単に誰でもCカードを取得するのは難しいと言えるでしょう。 しかしCカードを取得すれば、経験とトレーニングの範囲内であれば、監督者なしでのダイビングが可能になります。

そこで、本格的なダイビングを楽しみたいという方にとって、Cカードは最初に取得すべきダイビングライセンスと言えるでしょう。